関学が同志社を、立命が関大を下す
関西学生アメリカンフットボール大会

主力選手を温存して臨んだこの試合だが、RB久司の73ヤードTDで先制すると、その後もQB遠藤からWR和田へのパスを立て続けに成功させ大量得点。同志社の反撃を許さず、前半を33‐0で折り返した。
 しかしメンバーを大きく入れ替えた後半では、攻めに決定力を欠きわずか3点のみ。第4Qには同志社にTDを奪われた。
 
 試合後、主将のDL平澤は「反省点ばかりです。スタメンがいるときは試合になっているが、後半のスコアは負けている。下級生にしっかり指導できていないことがわかった」と試合を振り返った。

●<関西学生アメリカンフットボール大会>(5月18日・<エキスポフラッシュフィールド>)

  1Q 2Q 3Q 4Q
関学 10 23 0 3 36
同志社 0 0 0 7 7

 

  1Q 2Q 3Q 4Q
関大 0 7 0 7 14
立命 10 13 14 7 44