リーグが開幕
関学白星発進

ついに開幕を迎えた2010年度関西学生サッカーリーグはFW山内の鮮やかなゴールで始まった。前半6分、DF津田からのボールをゴール前で落ち着いてトラップし、右足を一振り。放たれたシュートは弧を描き、ゴールへと吸い込まれた。

 試合開始直後の得点でペースをつかんだ関学はその後、後半27分、39分に追加点を挙げ、さらにリードを広げた。守っては、一新されたDF陣が守り抜き、開幕戦を3-0の勝利で飾った。

 「2部から上がってきたチーム相手に、しっかり点を取れて勝ててよかった」。開幕ゴールを挙げた山内にも安どの表情が浮かぶ。去年チームを支えていた選手が抜け、不安を残しながら迎えたリーグ開幕だっただけに、選手たちの喜びもひとしおだった。

 次節も2部からの昇格組・関国大との対戦。「去年は連勝していい流れが作れた。結果にこだわって絶対勝ちたい」(山内)。次節もしっかり白星を勝ち取り、スタートダッシュを狙う。