胸躍るアカペラ
関大、関学などのバンドが参加

アカペラとは楽器の伴奏なしでされる合唱のこと。大学では1つのサークルで複数のバンドグループが活動するのが主流となっている。ライブには名古屋大学からの参加バンドあったがもともとは、年数回開催される関学と関大の交流ライブが今回のイベントのきっかけ。ダンスを織り交ぜて演奏を行うバンドもあり、会場を盛り上げた。
 関学Crescent Partyから参加したバンド「商い中(改)」の松倉忠志さん(社・4年)は「初めてのハコライブだったので、すごく楽しかった」と笑顔で話した。