入試シーズン到来
明日から合格発表
一般入学試験の志願者数は3万5673人で、いわゆる「センター利用」の1月出願分を合わせると4万9655人になる。4月に開設する国際学部では、定員300人に対して各方式合わせて2247人の志願者が集まった。
 入試はF方式から始まり、A方式・関学独自方式と続く。大学側の速報を見ると、志願者数は昨年度と比べて神学部など一部の学部・学科を除いて軒並み減少している。
 また昨年流行した新型インフルエンザ対策として大学は受験生にマスクの持参と着用を呼びかけており、試験会場には「手指消毒用アルコール液」が準備された。
 合格発表はF方式は2月10日、独自方式とA方式は16・17日に各学部行われる。速報による通知とネットで行われ、大学構内での合格者受験番号の掲示は2009年度入試より行っていない。