【7月号掲載】UNIDOL関西夏予選 会場を笑顔に

 6月17日に「UNIDOL(ユニドル)2019summer」関西予選がBIGCATで開かれ、京都女子大のアイドルコピーダンスグループ「Cotton Candy(コットンキャンディ)」が出場した。 ユニドルには全国の大学から有志のアイドルグループが出場し、技術や表現力を競う。今回は審査員から300点と観客による電子投票100点の計400点で優勝グループが決められた。

本年度から全国大会への出場グループが1校に絞られ、今回は同志社女子大の「Pichicart(ぴちかーと)」が全国大会へ出場する。 今大会は全11グループが出場。コットンキャンディはギンガムチェックのスカートでAKB48の「♯好きなんだ」など3曲でダンスを披露した。公演中にはメンバーを紹介するオリジナルムービーを放映。曲の途中ではメンバーカラーの衣装への早着替えで観客を沸かせた。

  メンバーの池田優郁さん(大児・3年)は公演後に「本番は自分やメンバーのみんなが楽しめた。このメンバーで踊れる最後のステージでライバルに負けてしまい、悔しかった。応援してくれていた人たちに申し訳ない。3年生のほとんどは今回で引退してしまうが次からは後輩に頑張って勝ってほしい」と語った。敗者復活戦が全国大会と同日の8月27日に開催される。コットンキャンディーの出場は未定。      【川村嶺実】

公演で踊るメンバーら(撮影=伊藤翔和)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です