辰己、楽天からドラ1位 2年連続の1位指名輩出

ドラフト会議が10月25日、東京都港区で行われた。立命館大からは硬式野球部の辰己涼介外野手(産社・4年)が楽天から1位指名を受けた。立命大の選手が1位指名を受けるのは、東克樹投手(現DeNA)に続き2年連続となる。


 当日は衣笠キャンパスの施設内に設置された記者会見場で多くの報道陣や関係者が見守る中、自身の運命の行方を見守った。最初の入札では名前が呼ばれなかったが、2度目の入札で楽天、阪神、巨人、ソフトバンクの計4球団が競合。くじ引きにより交渉権を引き当てたのは楽天の石井一久ゼネラルマネージャーだった。楽天のチームカラーと立命大のチームカラーが同じえんじ色であることや、ロゴマークが同じ「R」であることから「ご縁がある」結果となった。


 指名直後、「最高の評価をしてもらえてうれしく思う」と笑顔を見せた辰己外野手。今年はチームで主将を務めただけでなく、大学日本代表でも主将を任された。武器は50㍍5秒7の俊足をはじめとした高い身体能力だ。加えて巧みなバットコントロールで安打を量産してきた。今秋のリーグ戦では打率3割7分5厘で首位打者を獲得。大学通算122安打(リーグ歴代2位)を記録し、計4度のベストナインを受賞するなど輝かしい成績を残した。


 プロ入り後について尋ねられると、「走攻守全てにおいて自信がある。ファンや子供に全てのジャンルで目標にしてもらえる選手になりたい」と力強く話した。【山本穂波】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です