大阪大は2021年4月、施設の老朽化に伴い、箕面市粟生間谷東にある箕面キャンパスを北大阪急行線が延伸される予定の同市箕面船場東に移転する。移転により交通アクセスの悪さの解消やキャンパスのコンパクト化を図る。校舎や図書館などの施設、バスを中心とした通学事情、課外活動への影響について取材した。【児玉七海、田中夏生】

関連記事

地域に開かれた大学へ 新学舎 どう変わるか

どう通うのか 新キャンパスまでの交通手段

部活・サークルどうなる ビルキャンパスに居場所なし