2020年度の一般入試(前期日程)が25日、大阪大で始まった。全11学部に7462人が志願し、倍率は2.6倍。

歯学部の試験場となった歯学部D棟では職員が受験生にマスクを配り、玄関と教室内にはアルコール消毒液を置いた。新型コロナウイルスへの感染が相次いでいることを受けた異例の対応だ。

25日の全ての試験が終了するのは午後6時の予定。26日には医学部医学科と歯学部で面接が行われる。

阪大は前年度から、受験者がWeb出願システムにログインすると合否が個別に表示される方法を導入したが、今年度はホームページでの合格者受験番号一覧の掲載も併せて行う。合否結果は3月9日の午前9時から確認できる。【塩澤広大、写真は田中穂乃香】