初めの切り口は「労働と仕事の違いは?」。一人の参加者の疑問から始まった。「労働とは与えられたもの、仕事は積極的にやるもの」という意見が出ると「違 いはないのでは?」という意見が飛び交う。さらに「では家事はどっち?家事労働というが、家事仕事とは言わない」という話に。

   今回のテーマ、「働 くことの対価とは?」の問いには「お金」、「認められること」などの意見が出た。「答え」というものはない。しかし「みんなそれぞれ違うというので終わら せたくない。議論していく中で明確になることはある」と進行役を務めた中川さんは議論することの意義を話した。