残留への望みをかけた一戦。最下位に沈む立命は苦しみながらも望みをつないだ。

開幕戦から5連敗と苦しんでいるパンサーズ。今季は後半から逆転され、試合を覆されることが多かった。勝ち切れない試合が何試合も続いた。課題は「粘り」。春先からの課題を土壇場で克服した。

一進一退の攻防が続いた第4Q。残り12秒で立命が2点リード。しかし、パスミスから相手にボールが渡る。「一対一で守りきれ」。浅村コーチからの指示に最後の最後まで守り抜いた。PF小幡は「あんな試合は二度とやりたくない」と最後までもつれた試合を振り返った。

勝利したものの、苦しい状況には変わりない。その後の試合で近畿大が勝ったため、立命は次に勝たなければ入れ替え戦に回る。「勝つしかないんで頑張ります」と浅村コーチ。残留の望みをかけ、最後の粘りを見せつける。

●関西学生バスケットボールリーグ第13日目(10月22日・大商大体育館)

  1Q 2Q 3Q 4Q
立命 13 13 11 16 53
同志社 8 7 26 10 51

 

  1Q 2Q 3Q 4Q
大商大 17 17 14 14 62
近大 17 18 15 13 63

関大−京産大の試合はこちら→https://www.unn-news.com/ku-times/article/201110263112

  1Q 2Q 3Q 4Q
京産大 22 19 23 28 92
関大 9 18 18 32 77