加盟大からは、来年のバンクーバー五輪代表に内定している昨年の覇者織田信成(関大・4年)、右ひざ前十字靭帯断裂から復帰し、2年ぶり4回目の優勝を目指す高橋大輔(関大・M2)などが出場する。主な日程は、25日が男子ショートプログラム(SP)、26日には女子SPと男子フリースケーティング(FS)、最終日となる 27日は女子FSが行われ、試合終了後に五輪代表選手が発表される。