試合は関学ペースで進んだ。運動量を生かした守備でボールを奪い、ボールを支配する。しかし試合をコントロールしながらも前半はシュートをほとんど打つことができずに終わった。「プランではないけど、失点しないことが大事。守り気味になった」と関学の小関主将は前半を振り返る。

 後半の頭から、関学は動いた。FW梶川、FW金尾を投入し、より攻撃的な布陣にした。するとシュートすらほとんど打てなかった前半とはうって変わり、関学は次々とシュートの形を作った。そして後半14分、CKのこぼれ球をMF青戸が近大ゴールに叩き込み、待望の先制点を奪った。MF青戸は関西選手権3位決定戦で決勝点となったPKを近大に与えてしまい責任を感じていた。しかしゴールという最高の形でリベンジを果たした。

 試合終了後、MF青戸は「前回、3位決定戦で負けて全国に行けなくて悔しかった。負けのきっかけを作ったのは自分。今日の試合への気持ちは人一倍あった」と話した。