【写真】リーグ戦チームトップの8得点を挙げた村井(左)(11月27日・大阪長居第2陸上競技場で 撮影=永井優大)
最終節を飾れず
関西学生サッカー後期リーグ最終節

 最終戦を飾れなかった関学。だが「インカレ争いができたし後悔はありません」とMF渡辺主将の顔は晴れやかだった。

 1点ビハインドの後半開始早々にOGで失点。エースFW村井の負傷退場で万事休す。得点を奪えずに終了のホイッスルを聞いた。

 昨年のリーグチャンピオンとして臨んだ今季。関西学生サッカー選手権を勝ち抜き、総理大臣杯へ出場を果たしたが、リーグ戦終盤ではインカレを争うライバルにことごとく敗戦。前半戦で大車輪の活躍を見せていたMF阿部が後期リーグを怪我で欠場していたことも響き、インカレを逃す要因となった。

 思うような結果が残せなかったが、渡辺は「後輩に何か残せたと思います。真面目でひたむきな関学サッカーを貫いてほしい」とエールを送った。

●関西学生サッカー後期リーグ最終節(11月27日・大阪長居第2陸上競技場)

関学   0 0-1   2

びわこ大

0-1
  得点者

松田力、OG