【11・12月号掲載】今月の1番星 津野紘菜さん(国文・2年)

 和歌山の特産品「有田みかん」をPRする「有田みかん大使」に9月3日、津野紘菜さん(国文・2年)が就任した。応募者は過去最多の56人で、実際に5人の大使に選ばれた時は驚いたという。                         

 同大使は、JAありだ共選協議会が2013年に発足させたもので、津野さんの代で5代目。主な活動は全国各地での販売促進やPRなどで、これまでに東京や仙台まで足を延ばしたことも。また、会員制交流サイト(SNS)での広報活動にも重点を置き、地方での販売会にはSNSから情報を得た人も多く集まる。

 津野さんら5代目有田みかん大使の任期は来年3月まで。津野さんは「ほっこりみかんスマイルで、生産者の方々の思いを全国に届けたい」と抱負を語った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です