ソフト部 橋本慎さん(文・2年)「ラストの一振りを普段から」

 小学5年生の時に友達に誘われてソフトボールを始めた。小学校の子ども会が主催する練習に毎週末参加し、すぐ夢中になったという。高校では国民体育大会に2回出場し、準優勝を経験。現在はソフトボール部に所属し、今春は投手や外野手としてリーグ準優勝に貢献した。

 現在、ソフトボール部の部員は19名。授業や資格講座のため練習に全員が集まることは少ない。入部当初は、全員参加で休みを返上し練習した高校の部活動との違いに疑問を抱くこともあったそう。しかし週5日の部活動に加えてオフの日は自主的に素振りや筋トレをしている。大学は誰かに指図される機会が一段と減るからこそ「自分から行動していかないと」と語る。

 今年は日本代表にも選ばれているメンバーも入部し、勢いに乗るソフトボール部。目標は夏に行われる全日本大学選手権大会で3位以内に入ることだ。橋本さんのモットーは「ラストの一振りを普段から」。常に気を抜かず向上心を持って努力し続けている。今夏の大いなる活躍に期待したい。【二宮聡子】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です