立命背負う なぎなた戦士 浦井健太さん(産社・2年)

 「暑い中、長時間戦える体力作りに励んだ」。そう話すのは浦井健太さん。8月7日に行われた、全日本学生なぎなた選手権大会男子個人の部で準優勝の成績を収めた。
 高校の部活動でなぎなたを始め、高校2年には全国高等学校なぎなた選抜大会で3位に入賞。なぎなたを続けるきっかけになったという。
 大学になぎなた部はない。そのため入学後は武道センター(京都市右京区)に通い社会人と一緒に練習する。新たな環境に飛び込んだ大学1年、初段を取得し、出場した学生大会全てで入賞した。普段の練習を丁寧にこなすことで、実力を着実につけた。
 次に出場するのは11月の西日本学生なぎなた選手権大会。昨年は準優勝に終わり、今年は大会初優勝を目指す。また12月の全日本なぎなた選手権大会では初段以上の実力者が揃う。「少しでもコートに残り、対等に戦いたい」。大学を代表するなぎなた選手として、今後も戦っていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です