MCR2015 ファイナリストの意気込み

京都KBSホールにて12月19日に開催される「MCR2015 ファイナルイベント」。彼女たちの活動の集大成が披露され、美の頂点がついに決定する。本団体はファイナルイベントに向けて、彼女たちに「ファイナルへの意気込み」と「活動の感想や身についたこと」をインタビューした。

◎No.1 木村佳奈

Q.活動の感想や身についたこと
「もともと人前で話すのは苦手ではないのですが、『本番は700人の前で話す』ってなったら緊張しますよね。だから、どうすれば上手く伝わるかと考えるようになりました。それは毎日のTwitterやブログでも意識していて、『どう書いたら上手く伝わるか?』と常に考えています」

Q.ファイナルへの意気込み
「MCR2015の舞台を見て、来年1人でも多くの女の子が『MCR2016に参加したいな』と思ってほしいです。グランプリを絶対に獲得して私が『MCR2015の顔』になります」

◎No.2 松田沙希

Q.活動の感想や身についたこと
「日本の伝統文化を体験し、所作や振る舞いを学びました。あとは、自然と笑顔が出るようになったのが変わったところだと思います。自分を素直に出せるようにもなりましたね」

Q.ファイナルへの意気込み
「この人が立命のミスで『嬉しい』と思ってもらえるように頑張ります。ファイナルではみんなが”あっ”と驚くようなステージを用意しています。楽しみにしていてください」

◎No.3 橘祐里

Q.活動の感想や身に付いたこと
「人前で話すことが本当は得意ではなかったのですが、月に一回の人間力向上レッスンを受けて、自分の言葉で表現し、人前で話す力が身に付きました」

Q.ファイナルへの意気込み
「これからはファイナリスト同士が一番ピリピリしてくる時期だと思います。でも、今まで協力して、切磋琢磨して頑張ってきたので、これからもそれぞれ頑張っていきたいですね」

◎No.4 綿貫有花

Q.活動の感想や身についたこと
「常に人から注目される活動なので、ちょっとしたマナーや服装は勿論。身だしなみなど、人に見られていることを意識するようになりました。あと、この活動をしていると周りの人から支えられていることを実感します。人に感謝の気持ちを伝える大切さを学びました」

A.ファイナルへの意気込み
「残りあと1カ月半ですが、毎日が充実している分あっという間に終わってしまいます。1日1日。1分1秒でも大切にファイナルイベントに向けて準備していきたいです。私らしく、私にしかできない情報発信をしていきたいです」

◎No.5 石田静香

Q.活動の感想や身についたこと
「もともと人前でしゃべることが苦手だったんですが、いろんなイベントの際に、人前で話す機会が増えて、だんだん自分に自信を持てるようになりました」

A.ファイナルへの意気込み
「これからリハーサルなどが多くなって大変になると思いますが、実行委員やファイナリストのみんなと協力して一人一人の目標に向かって頑張っていきたいです」

◎No.6 成田千穂

Q.活動の感想や身についたこと
「いろんな人と話をする機会があったので、初対面の人に対しても、礼儀正しく緊張せずに話せるようになりました。文化体験で日本のマナーについても学ぶことができましたね」

A.ファイナルへの意気込み
「エントリーNo.6ということもあり、私はみんなの”まとめ役”です。ファイナルイベントでも私のアピールポイントを出して、しっかり自分なりにやりきりたいです」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です