立命×ロリータ=京ロリ

映像学部の学生を中心に「京ロリ」プロジェクトが進行中。「京ロリ」とは「京都ロリータ」の略で、西陣織をはじめとする京都の伝統産業や文化が、ロリータ服とコラボした新たなロリータファッションだ。

プロジェクトが始まったのは2010年。当時の4年生が卒業研究のテーマにロリータ服を選んだことがきっかけだった。当初はロリータ文化を研究し、実際にロリータ服に反映させる研究だったが、調査を行うとロリータ服を製造するメーカーが少ないことが判明。構造が複雑なロリータ服と京都の伝統産業の技術に着目し、京都ならではのロリータ服の製作に取り掛かることが決まった。

今年の3月にはロリータ服に合う日傘のデザインを手がけた。デザインを考案した西山裕美さん(映像・3年)は「先輩が作った過去のロリータファッションとつながるような物を作っていきたい」と話した。大学生発のロリータファッション。どのようにロリータ文化に刺激を与えるのか注目だ。【山崎祐貴】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です