ナゾの団体 「ホンキ倶楽部(仮)」

一度きりの大学生活。自分のやりたいことを見つけ、それを実行したい。そんな思いで結成されたのがホンキ倶楽部(仮)だ。「いつかしたかったことを今実現しよう!」をモットーにやりたいことをする、言い換えれば、活動内容は何でもアリ。  活動は各部員が提案し、全体で話し合い、実行する。提案されたものを否定しないのがルールであり、部員のやりたいことを全力で応援し、実現していく。これまでには友達100人作ろう会、水鉄砲大会などが企画された。  8月末には、無人島に行きたいという部員の希望を実現すべく、無人島で3日間過ごした。持参した数キロの米以外はすべて現地で調達し、採った貝でスープを作ることもあった。部員の滝村健太さん(法・1年)は「予期せぬ台風の影響が大変だったが、普段の生活の豊かさを再認識できた」と言う。来春には東北でのボランティアツアーが決定しており、各イベントだけの参加も募集している。  「1人ではできないことを一緒に実現してくれる仲間がいる。何かを始めるきっかけになればいい」と代表の兼子榛奈(はるな)さん(政策・2年)は熱く語る。現在の部員は5人と少なめだが、ワクワクしたい、成長したいという情熱に満ちあふれた部員ばかりだ。団体名が未だ「(仮)」であるように、今はサークルを作り上げている途中。一緒に「これから」をつくる部員を募集している。  その名の通り、やりたいことをホンキで実現させるホンキ倶楽部。部員たちの挑戦はまだ始まったばかりだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です