【1月号掲載】ラグビー Aリーグ復帰 1年前の悔しさ晴らす

標準

 2019年度大学ラグビー入替戦が、12月8日に宝が池球技場で行われた。大阪体育大(Aリーグ8位)を43—21で下し、Aリーグ昇格を決めた。1年前は、宝が池球技場でBリーグ降格が決まり涙をのんだ。今回は、その悔しさを晴らす結果となった。【中山晃大】

 Bリーグで全勝1位になり臨んだ入替戦。序盤は、相手の強烈なタックルやスピード感のある攻撃を必死の防御で耐えた。我慢の時間が続いた関大は、16分にWTB大西俊一郎(商・1年)がインターセプト、そのままインゴール中央にトライ、先制する。大西のトライが流れを引き寄せ、25分にも追加点を獲得し14—0に。点差を広げたが、大体大に続けて二つのトライを許し、追いつかれる。しかし終了間際に大体大の反則から、FB松本大吾(経済・3年)がペナルティゴールを決め17—14で後半に。

先制トライを決める大西(12月8日・宝が池球技場で  撮影=泉田菜花)

 後半開始2分、追加点が欲しい場面で決めたのは、またもや大西。味方のハイパントをWTB勝又佑介(人健・3年)がキャッチし右サイドに展開、パスがつながる。パスを受け取った大西は相手の裏にショートパント。転がる球を自らキャッチしそのままトライした。この場面を大西は「(相手の)裏が空いているのは分かっていた。ボールをもらったら、キックをしようと思っていた」と振り返る.。

 追加点を挙げ、チームに勢いがつき応援の声も一段と大きくなる。その後も二つのトライを奪い、38—14と大体大を大きく突き放した。終盤になり、大体大の士気が下がったのかパスミスが増えた。40分にナンバー8福島蒼(人健・1年)がダメ押しトライを決め試合を決定づけた。

小雨が降る中、多くの観客が応援に駆けつけた(撮影=泉田菜花)

 試合を終え、桑原久佳監督は「(選手の)健康状態に自信があったから後半が重要。試合中は『前半は負けててもいい。後半が勝負だ』と選手たちには声を掛けた」と話した。小松原柚貴主将(経済・4年)は「1年前にここで(宝が池球技場)悔しい思いをしてから、1年間しんどい練習をしてきて、最後の集大成の場で結果を出せたことがとてもうれしい」と話し、新チームに向けて「Aリーグで活躍する姿を見たい。応援していく」と話した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です