【1月号掲載】在るべき「食」とは 岩田稔投手、登壇

標準
 食とスポーツの関係をひもとく「スポーツフォーラム2017 トップアスリートを育てる食卓」が12月16日、梅田キャンパスで開催された。阪神タイガースの岩田稔投手など食に深い関わりのある4人が登壇。食事の与える効果について、それぞれの体験談や知識を基に議論を交わした。
 第1部では、関西大野球部出身の岩田投手と同部元監督の高岡淳さんが対談。岩田投手の学生時代を振り返った。高校2年で一型糖尿病を患った岩田投手は当時、不安に駆られ絶望を味わう。しかし気持ちを切り替えるとすぐに「インスリン投与と3度の食事」が生活の一部として受け入れられるようになったという。「バランスの良い食事を心掛けているので、栄養士の資格を持つ妻には本当に助かっている」と笑みを見せながら話した。
 第2部では岩田投手に加え、プロスキーヤーの三浦豪太選手、関西福祉科学大講師の津吉哲士さん、添加物を使わずにパンやベーコンなどを再現した「ゆる和食」を提唱する栗山小夜子さんが登壇。栗山さんは手軽に作れるレシピを紹介した。
 さまざまな議論を踏まえ、コーディネーターを務めた社会学部の黒田勇教授は「食事を取る行為だけが大切なのではなく、食事のバランスや、人と楽しい食卓を囲み、おいしく食べることが重要だ」と結論付けた。【堀江由香】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です