第40回関関戦

標準

第40回総合関関戦が6月16〜18日にかけて開催された。今年のメイン会場は関西学院大。前哨戦を6勝10敗2分と負け越し、本戦での逆転に期待がかかったが一歩届かず、惜敗。今大会の戦績は15勝17敗4分。関西大は9年連続の敗北となった。

 2016年までの通算成績は16勝22敗。09年に開催された第32回大会から今大会まで9連敗と苦しい戦いが続いている。昨年の第39回大会では、15勝17敗と惜敗。2年連続で僅差の敗北となった。

 開催地でできない競技や他の大会と日程が重複した試合は「前哨戦」として行われる。

 11日には関大養心館で射撃の試合が行われた。ジュニア世界一の経歴を持つ八川綾佑(やつかわ・りょうすけ)さん(文・3年)を擁する関大が勝利。同競技で関関戦21連覇を達成した。

 前哨戦終了時点で6勝10敗2分と、関学大にリードを許す中での本戦は近年まれに見る接戦。初日はバスケットボールの1勝、2日目は4勝4敗1分と互角の試合結果となった。
 
 例年、前哨戦で試合をしていた航空部が今年は本戦に登場。試合は福井空港で3日間行われた。試合ではグライダーで指定のコースを飛び、タイムや距離、滞空時間を競う。初日からポイントを重ねていき、関学大に大差をつけた関大が7年ぶりの勝利。連敗を食い止めた。

 最終日、接戦の中で行われたソフトテニス。昨年は雨天により中止。今年の勝利に期待がかかった。関学大での開催にもかかわらず多くの応援が駆け付け、熱い声援が後押し。ダブルスで7戦した結果5―2で勝利をつかんだ。
しかし9連覇に燃える関学大に意地を見せつけられ、最終日の戦績は3勝3敗1分。総合では前哨戦の黒星が響き、悔しい結果となった。

 勝利は逃したものの、あと一歩のところまで関学大を追い詰めた関大体育会。来年こそ10年ぶりの勝利をつかむ。【松島裕規】

閉会式の様子(6月18日・関西学院大中央芝生で撮影=有賀光太)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です