【10月号掲載】岡田山祭2013 女学院の輝き発信

 本学の学祭である岡田山祭が10月25日、26日の2日間にわたって開催される。  今年のテーマは「Twinkle」だ。このテーマには、全ての人がそれぞれの輝きを最大限発揮してほしい、一人一人の輝きを集めてより大きなパワーを持つ輝きを創り上げたいという願いが込められている。

もっと見る

【10月号掲載】英文学科以外も英語重視に

 来年度から共通英語教育が新入生を対象に始動する。今の英語教育のあり方を変えるという思いのもと、本学は、2010年より議論を重ねてきた。これは主に英文学科以外の全学生が対象。学習内容もそれぞれの専門分野で海外への情報発信や意見交換交流などができるようになることを目標としている。

もっと見る

女性だからこそボランティアを

 現在、ボランティアに参加する女子学生は全体の5割を越えると言われている。ボランティア参加に先立って、女性が気をつけるべきことは何だろうか。運営スタッフの半分以上が女性だというYouth for 3.11の田島将大さん(大阪大・5年)と梶谷ゆりかさん(同・3年)に話を聞いた。

もっと見る

【6・7月号掲載】三叉路

 私は4歳から19歳までの15年間、クラシック・バレエをしてきた。何かを表現し、観客に伝えるということを昔からしてきた。いつからか、何かを伝える仕事をしたいと思うようになった

もっと見る

【6・7月号掲載】営業時間変更ならず

 6月3日から7日の5日間、試し期間としてトレフルの閉店時間が、通常の午後4時半から6時半に変更になった。これは、期間内の利用者数を見て営業時間を見直すというのが目的。しかしそれほど利用者数は伸びず、今後の延長はない、という結果に終わった。

もっと見る

【6・7月号掲載】[桜梅桃李]「奈良の魅力を伝えたい」

 「桜梅桃李」には、四種の花の名前から、それぞれが自分らしい花を咲かせるという意味があります。このコーナーでは、自分らしく学生生活を送る学生を紹介します。 今号では、3月7日に第24代ミス奈良に選ばれ、奈良市観光協会が主催する奈良の魅力を伝えるキャンペーンで活躍している、山口実可子さんに話を聞きました。

もっと見る

【6・7月号掲載】世代を超えた交流

 本学が岡田山キャンパスへ移転してから80周年となる今年も愛校バザーが開催された。当日 の5月25日には、本学グラウンドや体育館などに出店が立ち並び、来場者4547人は思い思いに会場を見て回った。中高部やめぐみ会は73店、大学からは 20店が出店。大学公認を目指すKCカンパニー・フェアトレードや、数年ぶりの参加となる学生YMCAなどによって、昨年よりも店の数が増え、愛校バザーを盛り上げた。

もっと見る