【11・12月号】ボランティア推進 5人が奨励賞受賞

 国内ボランティア奨励賞授与式が14日、ソールチャペルで行われた。山﨑菜実加さん(英文・4年)、三舛(みます)佳穂さん(英文・3年)、小島早紀子さん(総文・4年)、本村萌華さん(総文・3年)、村上由子さん(総文・3年)の5人が受賞した。

 本賞はボランティア・サポート委員会が、国内のボランティア活動を推進するために2016年に新設した。応募者は活動内容や学んだことなどをまとめた報告書を提出。社会貢献度や自主性を審査された。受賞した5人の活動は、障害者施設のお楽しみ会の企画や、頭髪を失った子どもたちに無償でウィッグを提供するヘアドネーションなどさまざま。

 受賞者は、同委員会の與那嶺司委員長から一人ずつ賞状を受け取ると、活動内容やボランティアで感じたことをスピーチした。豪雨災害のあった岡山県真備市でリフォームを手伝うなどのボランティアをした山﨑さんは「実際に現地へ行くと感じることがある。皆さんも行ってほしい」と話した。