斉藤言子学長 再任決まる

 神戸女学院大は2017年11月22日、学長に斉藤言子(ことこ)教授(現学長・音楽学部)の再任を決定したと発表した。18年の3月で現在の任期が満了し、次の任期は18年の4月から3年間。再任に当たり「今期は大学広報の強化に力を入れてきた。次期は学修環境の充実に力を入れていきたい。ソフト、ハード両面からのバリアフリーも大きな課題として進めていく」と話した。

 現在の任期では、新カリキュラムの編成や本学の広報キャッチコピー『私はまだ、私を知らない。』の決定、入学センターの移転などを実現した。次期は引き続き、構内各所へのスロープ設置などバリアフリー化を進め、社会人の学び直しの機会提供など、さまざまな人が大学を利用できる環境づくりに力を入れるという。

 本学生に向けて斉藤学長は「女学院では自分の専門分野の他にも、多くのことを学ぶことができる。知識の引き出しをたくさん持って、充実した学生生活を送ってほしい」と語った。

斉藤言子学長
(提供=広報課)