萌える街、見える将来

''

 第17回マンガカフェ「マンガと<萌え>で街おこし?!」が、6月9日に京阪なにわ橋駅構内アートエリアB1で、大阪大などにより開催された。羽後町でイラストを使った数々の企画を手掛けた山内貴範氏(株式会社スタジオいなご)と、應矢泰紀氏(京都国際マンガミュージアム研究員)がゲストとして迎えられた。およそ40人の参加者がひしめき合う中、近年注目を集めるアニメやイラストなどを用いた地域活性化「萌えおこし」の可能性について議論が交わされた。

水都としての大阪を語る

''

水都大阪2009実行委員会の主催により、水都大阪の復興を目指すシンボルイベント「水都大阪2009」が8月22日から開幕しており、10月22日まで開催される。それを記念して9月22日、阪大と水都大阪2009実行委員会主催によるシンポジウム「遊びをせんとや生まれけむ-水都大阪の再生」がリーガロイヤルホテル大阪で開催された。