阪大でも金環日食 

''

 天文同好会が大阪大学付属図書館と共に主催した金環日観望会が、5月21日、豊中キャンパス学生センター北側の芝生公園で行われた。限られた地域でしか見ることができず、近畿地方で最後に観測されてから282年ぶりの現象とあって、のべ100人以上が参加した。それぞれが専用のメガネで太陽を見上げ、午前7時31分の金環完成時にはそこここで歓声が上がった。

今年も阪大クオリティ

''

 第53回いちょう祭が4月30日と5月1日に開催され、大学内外から多くの人が訪れた。いちょう祭は、大阪大学大学祭中央実行委員会の主催で、大学の創立記念日である5月1日にあわせて開催される。今年も多数の部活やサークルがユニークな企画を実施し、新入生を改めて歓迎した。その中からいくつかを紹介する。