イギリスの大学評価機関クアクアレリ・シモンズ社は6月10日、「QS大学ランキング・アジア2015」を発表した。首位はシンガポール国公立大。大阪大は昨年を0・2ポイント上回り、13位を維持した。東京大、京都大はどちらもポイント数と順位を下げ、阪大を挟んで僅差で12位、13位、14位と並ぶ形になった。日本首位の東大は初めて10位圏外となり、阪大は京大を抜いて初の国内2位となった。

 一方、同日に発表された同国のタイムズ・ハイアー・エデュケーションの「アジア大学ランキング2015」では、東大が引き続きランキング首位を維持。京大は9位、阪大は18位と昨年より順位を下げ、QSのランキングとは対照的に2校を大きく下回る結果となった。

 阪大は昨年、スーパーグローバル大学に採択された際、2024年に世界トップ30入り、創立100周年の31年には世界トップ10の研究型総合大学になるという目標を掲げている。

【特集】阪大、好き?嫌い?――紙面データ.pdf