「このアカウントは糞真面目で単純につまらないですが、これが阪大生の姿なのです」。Twitterの「阪大クソbot」の自己紹介文だ。「~だから阪大はクソ」を定型文としたツイートを自動的に繰り返し、ただひたすら阪大をディスり続ける。

 「何か地味だから阪大はクソ」「このbotのツイートが学歴コンプにまみれているから阪大はクソ」など、阪大クソbotの内容は、他大のクソbotと比べても卑屈な印象を受ける。「botを始めた当初『面白くない』『面白くない』と言われたため、このbotの存在込みで『阪大生は真面目でクソ』を推していけるのではないかと考えた」。堅く偏屈な文章は、あえて意識したものだという。

 中の人は、阪大生は良くも悪くも普通で、パターン化してしまっていると言いつつも「クソbotという名で運営しているが、阪大は好き。一阪大生として阪大を応援したい、盛り上げたいという気持ちはある。本当に嫌いだったら面倒なbot開設なんてしない」と実際の心情を明かす。阪大が好きだからこそ、「阪大はクソ」と散々にディスり続けることができるのかもしれない。

【特集】阪大、好き?嫌い?――紙面データ.pdf