「最初からリズムよく(試合の)流れに乗れた」とQB 谷村が振り返るとおり、阪大は第1Q、4分のTB森山の先制点を皮切りに試合を通して、神戸学大相手にテンポよく5つのTDを奪った。谷村自身はTDにつながるパス2本とTDランを決め、勝利に貢献。守備陣も奮闘した。反則による罰退などで相手に押しこまれる場面もあったが、キャプテンのDT大家を中心になんとか無失点で乗り切った。
川崎監督は「相手チームのエースが欠場してラッキーだった」と控えめに話すが、「まだまだ基礎を見なおす必要がある」と次節から予想される厳しい戦いを見据えていた。