阪大・川崎監督が「辛抱の試合になると思っていた」と話したように第3Q終了時点で阪大がわずか4点のリード。だが、疲れの見える大教大を攻め、徐々にペースをつかむ。第4Q、RB安倍の1ヤードTDランを皮切りに、RB井上、RB服部がTDを挙げ、大教大を突き放した。
快勝にも川崎監督はタックルミスなどに触れ、「まだまだ成長しないと」と気を引き締めた。次節は神院大と対戦する。