学生生活委員会は6月27日、豊中福利会館4階食堂で「西尾総長との対話集会-21世紀の大阪大学が目指すもの-」を開いた。「21世紀の社会と世界の中で大阪大学が目指すべきもの」をテーマに、学部生28人が西尾章治郎総長と意見を交わした。

 現在、阪大は創立90年となる2021年を見据えた指針「OUビジョン2021」の実現に向けて改革を進めている。今回の集会はその取り組みの一環だ。参加者は事前に「OUビジョン2021」の実現と21年以降の阪大のあるべき姿に関する提言を提出し、集会当日に提言内容について議論した。集会後には懇親会が行われた。

 学生・キャリア支援課の担当者は「参加者が総長と直接話すことで心理的・物理的距離を縮め、積極的に阪大の未来について考える機会になれば」と話す。集めた意見は今後の大学運営に生かす見通しだ。

【田中穂乃香】


関連記事


総長との対話集会 21世紀の阪大に向き合う