箕面市は5日、北大阪急行延伸に伴い設置される二つの新駅の駅名候補案を決定した。このうち大阪大の新箕面キャンパスに隣接する予定の駅の駅名候補案は「箕面船場阪大前駅」となり、駅名に阪大の名前が入る。

 駅名候補案は、同日に開かれた北大阪急行線延伸線駅名検討会議での議論を経て決定した。もう一つの駅名候補案は「箕面萱野駅」に決まった。

 市は、2017年12月から2カ月にわたり市民などから駅名候補案を募集。1435件の応募があったという。阪大も箕面キャンパスに応募用の箱を設置していた。

 今後、営業主体である北大阪急行電鉄が国へ手続きを行い、正式に駅名が決定する。新駅の開業は20年度の予定。

 【長砂太賀】