大阪大は31日、2018年度の一般入試(前期日程)の出願を締め切り、同日午後7時現在の出願状況を発表した。

 志願者数は7864人で、募集人員に対する倍率は2.7倍と昨年を0.2ポイント上回った。倍率が最も高かったのは外国語学部外国語学科ハンガリー語専攻で5.0倍(昨年比1.5ポイント増)だった。

 各学部の倍率と志願者数は▽文学部3.2倍(426人)▽人間科学部2.8倍(317人)▽外国語学部2.8倍(1401人)▽法学部2.0倍(446人)▽経済学部3.1倍(644人)▽理学部2.6倍(575人)▽医学部2.1倍(534人)▽歯学部3.6倍(172人)▽薬学部3.1倍(201人)▽工学部2.7倍(2090人)▽基礎工学部2.7倍(1058人)となっている。確定した志願者数と倍率は、後日発表される。

 一般入試(前期日程)は2月25日、26日(26日は医学部医学科と歯学部のみ)に行われ、3月9日に合格者が発表される。

 【西崎啓太朗】