阪大薫る珈琲ギフトセット(撮影=山本秀明)

 大阪大生協は「阪大薫る珈琲(コーヒー)ギフトセット」を販売している。阪大生協は昨年8月に売り出した「理学部レンド」を皮切りに、各学部をイメージしたコーヒーを展開。今年2月に全11学部のコーヒーが出そろい、ギフトセットは全種類のコーヒーを紙のバインダーにまとめた。1セット税込み1500円で、各キャンパスの福利会館など阪大内の5カ所で購入できる。

 コーヒー袋を抜き取ると、バインダーに印刷されたワニ博士のオリジナルイラストが現れるほか、各学部長のコーヒーにまつわるエピソードをまとめたリーフレットも付いている。西尾章治郎総長の意向で、コーヒーを海外出張の際に持って行きやすいようギフトセットをバインダー状にしたという。

 デザインを担当した教員組織クリエイティブユニットの伊藤雄一准教授は「コーヒーを飲み比べて好みの『部レンド』を探してほしい」と話した。

【山本秀明】