大阪大の山中伸介理事・副学長(核燃料工学)が原子力規制委員に就任する。任期は今年9月19日から3年間の予定。次期委員長となる更田豊志委員の後任となる。

 山中氏は5月、衆参両院の本会議で同意を得て、委員に決定。4月18日には委員候補として「自らも原子力分野の研究に携わっていた身として、その意義の大きさに居住まいを正して臨まなければならない。委員に任命された場合は、これまでの経験も生かしつつ、国民に信頼される原子力規制に取り組んでいきたい」としていた。

◆山中伸介氏(やまなか・しんすけ) 阪大工学部原子力工学科卒。98年大学院工学研究科教授。10年工学研究科附属フロンティア研究センター長。16年からは理事・副学長も兼務。61歳。兵庫県出身。

【前山幸一】