Google(グーグル)マップで学内の施設を検索すると、無関係の特定の写真が多数見える状態になっていることが25日、分かった。いずれも昨年5月に大学非公認のテニスサークルが起こした軽トラック横転事故に関するとみられる写真。さらに地図中には、サークルを揶揄(やゆ)するような名前で新たな地点が追加されている。

 写真の投稿は、総合図書館や豊中福利会館3階食堂などで確認できた。豊中キャンパス内の施設が中心。

 Googleマップは、ログインすれば誰でも、地点に関連した写真を投稿したり、地図に載っていない場所の情報を追加したりすることができる。