大阪大は、2017年度入試合格者の受験番号掲示を行わないことに決めた。総合研究棟(文理融合型)の新設工事に伴い、発表スペースを用意することや来場者の安全な動線を確保することが難しいと判断したため、としている。

 阪大は合格の喜びを感じてもらうことや新入生同士のつながりが生まれることを期待し、2015年度入試から10年ぶりに掲示板による発表を復活させていた。

 今回の廃止について教育・学生支援部入試課は「以前からもインターネット上で合格発表をしており、混乱や影響はないと考えている」と話した。また、来年度以降も掲示を行うかどうかについては「安全面などの要素を考慮し判断していくことになる」と見解を示した。