Skip to content

出稿日:2017年3月25日

 京田辺市の近鉄新田辺駅東側にあるキララ商店街で、10月29日「きららハロウィンパーティ」が開催された。同イベントは同志社女子大情報メディア学科の学生グループが、商店街とコラボしたものだ。商店街の店舗を回るスタンプラリー…

出稿日:2017年3月25日

 同志社大アンチエイジングリサーチセンターの米井嘉一教授(生命医科)と株式会社ファンケルが共同研究し、ケール青汁は筋年齢と神経年齢を若く保つ効果があると発表した。  ケールは「野菜の王様」と呼ばれるほど栄養価が高く、主に…

出稿日:2017年3月25日

 大学院脳科学研究科の山中智行准教授と信行教授らの研究チームは、細胞小器官の一つの「小胞体」の関連遺伝子「Grp78」の発現抑制が運動神経細胞の変性に影響を及ぼしていることを明らかにした。難病とされている運動神経疾患の治…

出稿日:2017年3月25日

 京都市内の大学と京都市社会福祉協議会(京都市社協)は、ひと・まち交流館(京都市下京区)で1016日、「災害ボランティアに係るパートナーシップ宣言」を表明した。災害ボランティアに特化した協力体制の構築と人材の育成を目指す…

出稿日:2016年10月18日

 秋学期が始まる10月1日から、今出川校地の各キャンパス内で自転車(乗車)通行を全面禁止にすると同志社大が発表した。学生の自転車運転マナーの悪さが目立ち、学内での接触事故も発生していることなどが理由に挙げられている。  …

出稿日:2016年10月18日

 同志社女子大今出川キャンパスで2日、楽真館の建て替え工事が始まった。2013年8月から開始された今出川キャンパス整備計画の一環だ。完成は17年9月を予定している。  これまで地上5階地下1階建てだった楽真館は、建て替え…

出稿日:2016年10月18日

 同志社女子大の菜穂子教授が人生設計学習の教材となる思考補助具「ワンダフル・キューブ」を開発し、特許を取得した。ワンダフル・キューブは自分の価値観や理想、目標といった抽象的なものを形にして組み立て、人生の方向性を確認する…

出稿日:2016年10月18日

 生命医科学部の斎藤芳郎准教授らが、タンパク質「DJ-1」を活性酸素種により酸化させて生じる「酸化DJ-1」を用いたパーキンソン病の新たな診断方法を開発した。  これまでパーキンソン病とDJ–1に関係性があることは証明さ…

出稿日:2016年7月30日

 2017年3月卒の学生らは、説明会やエントリーシートの提出などの広報活動や面接などの選考活動といった就職活動が本格化している。就活の時期が変動を繰り返す近年。就活をしている学生には本腰を入れるのが遅くなる傾向が見られる…

出稿日:2016年7月30日

 硬式野球部は首位の立命館大と勝ち点4で並ぶも、勝率で下回りリーグ戦を2位で終えた。優勝こそ逃したが、昨年まで4季連続で5位に低迷していたチームは打線に勢いがついた。悔しさを糧に、秋の王座を狙う。 ◎熾烈な優勝争い  春…