【3・4月号掲載】全国を舞台に活動 クイズ研究会Mutius

 クイズ研究会Mutius(ムティアス)。1989年に設立された大学公認団体で、現在の部員数は約60人だ。2018年には全国から大学生が集まる個人戦の「abc the16th」で部員が準優勝、団体戦の「EQIDEN2018」で優勝するなど、実力者がそろう。大会への参加のほか、週2回のフリーバッティング(通称フリバ)と呼ばれるクイズの出し合いや、週1回の部員持ち込み企画を行っている。

 ほとんどの大会では初めにペーパーテストで次の段階に進む人数を絞るため、大会前はペーパーテストの対策を徹底する。持ち込み企画は部員が得点の入り方や順位の付け方などのルールを決めて行う。同じ問題でも順番を変えて出題することで毎回新鮮な気持ちで取り組めるという。

 3月17日に開催された「abc the17th」は敗者復活戦を合わせて六つの段階に分かれている。決勝進出者3人のうち2人は同団体所属で、吉原主税(ちから)さん(文・1年)が優勝した。       

【児玉七海】

おことわり 3・4月号では、学生の学年を3月までの学年で表記しています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です