【1月号掲載】スポーツ大賞 京大から2人

 京都市スポーツ賞の表彰式が12月22日、立命館大朱雀キャンパス(中京区)で行われ、陸上競技部の山西利和さん(工・4年)と教育推進・学生支援部職員の田原紘樹さんが京都市スポーツ大賞を受賞した。
 市はスポーツに対する市民の関心を高め、競技力の向上や市民スポーツの振興に著しい業績のあった人を、毎年表彰している。大賞は国内外の有名な大会で優秀な成績を挙げた人などに与えられる。
 山西さんは、8月に台湾の台北で行われた第29回ユニバーシアード競技大会 男子20㌔競歩で、1時間27分30秒の好記録で優勝。9月の天皇賜杯第86回日本学生陸上対校選手権・男子10000㍍競歩でも優勝している。
 田原さんは、9月に大阪で行われた第65回全日本実業団対抗陸上の選手権男子やり投げで77㍍37の記録で優勝した。   
【田林航】

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です