【7月号掲載】特設サイト「ザッツ京大」京大らしさ発信

ザッツ京大(モバイル版)(提供=広報課) 

 クラゲの歌を作ったり、コスチュームを身にまとったりして自身の研究分野について話す教員を取り上げた「ベニクラゲマン参上」や、探検部の活動をルポルタージュで届ける「日本初の学生探検部!?」——。広報課が京大のさまざまな魅力を伝える特設サイト「ザッツ・京大」を公開している。中高生などにリアルな京大を知ってもらうきっかけづくりが狙いだ。

 4月、広報課内に編集部を設置し始まった企画。職員が取材をして、写真や動画を付け記事を書く。

 記事に京大らしさを感じたら、サイト上の「ザッツ」ボタンをクリックして評価できる。トップページには記事ごとにザッツの数が表示され、どの記事が人気なのかが分かる。

 「公式サイトでは伝えきれない京大らしさを知ってほしい」と編集部職員。同サイトhttp://www.thats.pr.kyoto-u.ac.jp/           【山中秀祐】

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です