アメフト部 立命館大に敗れる

kyodai2

第2QにFGを決めるK滑川

(10月22日・西京極陸上競技場兼球技場で 撮影=後藤瑞波)

10月22日西京極総合運動公園にて立命館大との試合を行い、3-28で敗北した。

京大は第1Q序盤、京大は着実にダウン更新するも得点には至らず、その後は立命に得点を重ねられる。しかし第2Qに、LB麻がQBサックを決め息を吹き返すと、第2Q終盤に1年生RB植木とRB入山がランで立命陣内まで進み、最後はK滑川がフィールドゴールを決め、3点を返す。その後も奮闘したが得点を奪うことはできず、立命相手に力負けとなった。

【試合後のコメント】

▽京大・西村大介監督

実力差がそのままでた結果になった。立命館とはスピードが圧倒的に違った。ライン戦ではそんなに負けてなかったので、ラインで圧倒して相手に走らせないようなチーム作りをしていきたい。関学は京大にとって特別な相手なので、次の試合は気合を入れて臨みたい。

【田林航】

 

関連記事

【9・10月号掲載】アメフト部法人設立 体制確立と大学の活性化目指す

【9・10月号掲載】アメフト部法人設立 体制確立と大学の活性化目指す

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です