早石修・京大名誉教授が死去 酸素添加酵素などの発見で生化学に業績

酸素添加酵素の発見や、多くの後進を育成したことで知られる生化学の権威、早石修・京都大学名誉教授が17日死去した。95歳だった。

1920年米カリフォルニア州生まれ。42年大阪帝国大(現・大阪大)医学部卒。戦後アメリカに渡り、米国立衛生研究所(NIH)の毒物学部長に就任。酵素トリプトファンが酸素分子を取り込んで酸化反応を起こすことを突き止め、生体酸化が脱水素反応に限られるという定説を覆した。この酸素は酸素添加酵素(オキシゲナーゼ)と名付けられ、呼吸の仕組みの解明に貢献した。
58年京大医学部教授に就任。渡米時代に鍛えられたランチセミナーなどで25年間の在任中に600人近くを指導。「早石道場」と恐れられ、100人を超える教授が輩出された。
83年京大退官後は大阪バイオサイエンス研究所の初代所長などを歴任。これまでとは全く別分野の睡眠に関する研究に挑み、睡眠・覚醒の調節を司るホルモン・プロスタグランジンD2とE2を発見。作用機構の解明で先駆的な業績を残した。
72年に文化勲章、93年に勲一等瑞宝章を受章した。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です