最下位脱出 投手の肩に 経験重ね 勝ち点2目指す

 「京都大の歴史を変える」を目標に、春季リーグで23季ぶりに勝ち点を獲得し、現行リーグ発足後最多の今年度通算6勝を達成した野球部。また、田中英祐が千葉ロッテマリーンズから2位指名を受け、関西学生野球リーグの話題をさらった。最下位脱出はできなかったものの、野球部快挙の年となった。チームの主軸だった4年生は今年で引退。抜けた穴を埋めることが課題となる。

エース田中をはじめ4年生投手陣の戦力は大きかった。リーグ戦の先発は1戦目に田中、2戦目に冨田がロースコアの試合を展開しただけに、投手陣のレベルアップが必須となる。新チームには試合経験が豊富な投手が少ない。主将の中里は「投手陣の要は打たせて取る投球で打者を抑える小林」と話すが、小林は「今の状態でやっていけるか不安はある」と来季を不安視した。

一方、打撃陣は今年に引けを取らない。春季ベストナインに選出された佐藤、前川を軸に私立大学の投手に通用する選手がそろっている。前川は「選手層が薄くなったと言われるが、打撃陣には主軸選手が多く残っている。4年生が抜けたチームでも戦えることを証明したい」と意気込む。

来季は2年間助監督を務めた青木孝守氏が監督に就任し、新体制で挑む野球部。目標は「勝ち点2で最下位脱出」だ。「能力はあるが試合経験が足りていない。新人選手の底上げが課題」と中里。今年9月には野球部グラウンドに照明が設置され、オフ期間のグラウンドでの練習が可能になった。昨年までオフ期間の練習はランニング中心だったが、今年は実戦を意識した投球と打撃の練習ができる。オフに実戦経験を多く積むことが、目標達成の鍵となる。

オフで投手陣が成長しなければリーグ戦での勝利は遠ざかる。新人投手の成長が野球部の来季を左右するだろう。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です