UNN関西学生報道連盟は、関西9 大学からなる報道サークルです

 奈良県警の大学生ボランティア団体「少年フォローズ奈POLI(ナポリ)」が活躍している。学生は子どもと年齢が近く親しみやすいだろうと、2004年に発足。農作業や木工体験などを通じた子どもたちの立ち直り支援や、声掛けによる […]

 オノマトペ(擬音語・擬声語・擬態語)を使った静岡県焼津市の地図作りに京都大、常葉大と同市が協力して取り組んでいる。常葉大の学生らが実際に焼津市を歩き、スマートフォンアプリを使い市の気候や人々の様子、聞こえてくる音などか […]

 東日本大震災から11日で、6年となった。立命館大では10日、被災地支援について考える場をつくろうとワークショップ「チャレンジ、ふくしま塾。」が開かれた。参加した13人の学生は、福島の町づくりに携わる東京電力の社員らゲス […]

 関西学院大大学院人間福祉研究科で死生学を学ぶ元看護師の安井優子さんが東日本大震災の遺族に話を聞き「人が苦しみの中で求める物は何か」をテーマに死生観を修士論文にまとめた。  安井さんは昨年5〜9月に東北地方を訪れ、被災者 […]

 大阪工業大情報科学部情報メディア学科3年の学生が、奈良県川上村をPRするウェブコンテンツを作成した。画面上のアイコンをクリックすることで画像や文章が現れたりアニメーションが流れたりと、学生たちのアイデアが詰め込まれてい […]

 大阪大などの学生と吹田市民が共演する劇「あくまでも春」が2月18、19日の2日間(全3公演)、吹田市文化会館メイシアターで上演された。25年前の同市を舞台に男子高校生の青春を劇にした。演劇はメイシアターと阪大の共同事業 […]

 不登校やいじめに悩み、居場所を失った子どもたちが集う駄菓子屋を舞台にしたドキュメンタリー映画「ぼくと駄菓子のいえ」が、大阪西区の映画館「シネ・ヌーヴォ」で2月4日から公開された。監督は大阪芸術大4年の田中健太さん。店主 […]

div>