関西学生野球春季リーグ第7節、近畿大−関西学院大の2回戦が5月18日南港中央球場で行われた。関学は5−6で迎えた9回裏、一死一、二塁の好機を作ると、5番松原の右前適時打で同点に追いつく。続く6番大倉が敬遠され、一死満塁の場面、7番黒木がレフト前に打球を運びサヨナラ。関学は7−6で劇的勝利を収め、勝ち点を獲得した。立命館大と優勝争いする関学は、第8節同志社大−立命大の結果により優勝が決定する。

 関学は、前日が今季初スタメンの副将黒木による逆転サヨナラ安打で劇的な勝利を収めた。「2連勝しかない」と初戦後主将の中島が語ったよう落とせばリーグ優勝が遠のく試合。
 試合展開は先発佐藤が序盤に崩れ、2回表2番伊藤の左前適時打などで2点の先制を許す。さらに3回にも6番峰下の左前適時打で追加点を許し3‐0と突き放される。関学打線の反撃はその直後に始まり、3回裏1死満塁の好機に打順は前日3安打4打点を挙げた3番徳田。初球を左前に運び2点を返すと、その後も7番黒木の右前適時打などで一挙5得点、逆転に成功する。
 しかし4回から継投した中内が3連打を浴び同点に追いつかれ、さらに8回にも近大1番西田の左前適時打から1点を失い、5-6とリードを許す。
 1点ビハインドで迎えた9回裏の攻撃。1死から、3番徳田4番中島が四死球で出塁、5番松原の右前安打で同点に追いつく。さらに6番大倉の四球で満塁の好機に7番黒木。初球を振り抜いたあたりは「上がった瞬間に最低限のことはできたと思った」と手ごたえのある逆転サヨナラの左前安打。サードからレフトへ守備を変えながらも打撃を買われての起用が当たった。チームにとって重要な試合であることやスタメンであることは意識せず普段通りのプレーで優勝のチャンスを呼び込んだ。
 試合後、竹内監督が「運も実力のうち。あとはお祈りするだけ」と話すよう、関学優勝は同志社大対立命館大戦の結果によるものとなった。

近大 021 200 010=6
関学 005 000 002X=7

【近大】松田、山口将、畠、●宝利−谷村
【関学】佐藤、◯中内−仲川